リスの「シナモン」と「うずら」の飼い主「リスママ」が日々感じた事などを日記風に掲載しています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅干し。
梅干し、だぁ~い好きなワタクシ。
そして、健康オタク組合員でもある私。
今年もがんばって漬けました~。

梅干しの効用は、、、
①消化液の分泌を促す。ふむふむ。。
②消化された食物や水分の吸収を促し、胃腸の蠕動(ぜんどう)運動を助ける。整腸作用。おぉ~。
③防腐・殺菌作用。胃の中のバクテリア退治!!おりゃ~っ!
④疲労回復!すばらしー!!

すごいぞぉーー!!

じゃ。
漬け方~。

<材料>梅(南高とか白加賀とか皮も果肉も柔らかいものが良いそうでーす)、塩(梅の重さの18~20%)、焼酎(殺菌用。少々)、赤ジソ(梅の重さの10%)、塩(赤ジソの重さの18~20%)

①梅は傷つけない様に洗って、一晩水につける。
②梅をざるにあげて、一粒ずつヘタを取り除く。
③梅を一粒ずつふきんで拭き、乾いたボールに入れる。
④③の梅に焼酎をまんべんなく吹き付ける。
⑤④に分量の塩の1/2量を入れ、まんべんなくまぶす。
⑥容器の底に残りの塩を少しふり、⑤の梅をひと並べし、その上にまた塩を少しふる。
⑦2段、3段と同じ要領で重ね、最上段は多めの塩で覆う。
⑧⑦に清潔な押し蓋をして、梅の重さの2~3倍の重石をかける。

~~白梅酢が上がってきたら、赤ジソを入れまーす。~~

⑨赤ジソは茎から葉を一枚ずつちぎり、ボールに入れて水洗いする。
⑩よく水気を拭き乾いたボールに入れ、分量の1/2量の塩をふりよく揉む。
⑪濁った赤い汁(アク)が出てくるので、よく絞りアクを捨てる。
⑫絞った葉をほぐし、残りの塩をふる。さらにアクを絞り捨てる。
⑬⑧の容器から白梅酢を玉じゃくし1杯ほど汲み出し、⑫にふり入れ指腹で揉む。ここで、きれいな紅紫色の汁が出る。
⑭⑬の赤ジソを⑧の容器の上部に平らに広げ、紅紫色の汁も入れる。今までの1/2量の重石をかける。
⑮この状態で土用を待ち、『三日三晩の土用干し』をして完成!!

現在⑭まで完了しとります。あとは土用を待つのみ!
た・の・し・み~~♪

umeume.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © リス日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。